syuuri
“我が家は二階建ての木造家屋で屋根は瓦屋根です。築年数はそれほど立っていないのですが、
つい先日の台風で部分的に瓦がずれてしまったようでした。幸い雨漏りはしていませんでしたが、
見た目にもずれている部分がわかりました。被害が大きくなる前にと思い屋根修理をお願いすることにしました。

修理業者には全く心当たりがないのでインターネットで屋根修理を検索してみたところ、
たくさんヒットしたのが屋根修理の費用に火災保険が適用できるという話。

火災保険というのはもちろん火災で受けた被害に対して支払われる保険ですが、
火災だけではなくこうした台風や豪雨のような自然災害による被害に対しても支払われるのだそうです。
インターネットで探した業者に何件か問い合わせて屋根修理の見積もりをしてもらうと、

やっぱり屋根だけに修理代金もそんなに安くはありません。これが保険でまかなえるならと、
火災保険の申請などもまとめて請け負ってくれる業者を選んで依頼しました。
屋根修理も1日で終わり、保険も無事におりて一安心。あの業者が見つけられてよかったです。”

kawara
“日本の家屋の屋根にはいくつかの種類が考えられます。代表的なものは瓦屋根でしょう。
瓦は耐久性に優れていて、素材にもよりますが特に粘土を焼いて作られたものは半永久的に利用することができます。
火にも強く防水性もあり、さらに防音性にも優れています。ただ瓦は重さがあるため建物に負担がかかり、

衝撃によって割れてしまう可能性があることが難点です。他の屋根材に比べると高価なため最近では瓦屋根はあまり多くはありません。
瓦屋根以外では医師が原料のスレート屋根、トタン屋根などに代表される金属屋根などが考えられます。
スレート屋根は軽くて施工がしやすく、コストも抑えられますが耐久性は弱くなります。

金属屋根は防水性に優れ火にも強い特徴がありますが、遮音性や耐熱性にはあまり優れていません。
このように、屋根と言っても種類もいろいろで修理となれば専門家のアドバイスは欠かせません。

屋根修理には火災保険が適用になるケースも多いのです。そのあたりも含めて
屋根修理をサポートしてくれる専門的な業者に相談し、必要な時には早めに修理するのが良いでしょう。”

hoken
“家の屋根修理に火災保険が適用されることをご存知でしょうか。これはあまり知られていないことのようですが、
火災による被害ではなくても、雨や風によって屋根が壊れたというような自然災害によっておこった破損などの修理には
火災保険が適用されるのです。火災保険を適用するというのは実際に火災にあったのでなければ

なかなか思いつかないことかもしれませんが、この屋根修理のような場合の適用に的確なアドバイスをしてくれたり
手続きをサポートしてくれる専門的な業者もあります。特に屋根修理の場合、被害状況を見たり
修理個所を確認したりするのにも普通の人では危険が伴います。そうしたことも含めて、

破損状況の確認から修理業者とのやり取り、見積もり、さらには火災保険申請の手続きまでをサポートしてくれる業者です。
屋根の破損は放っておくとどんどん被害が拡大して思ってもみないほど大掛かりな修理になってしまうこともあります。
気が付いたら早めにそうした専門家に相談してみるのが良いでしょう。”

0
屋根修理は無料でできるケースが多いことをご存知でしょうか。「無料」というと少々語弊があるかもしれませんが、
実際には屋根修理にかかる費用を火災保険でまかなえるということです。あまり知られていないことのようですが、
火災保険は火災による被害だけに適用されるわけではありません。

火災以外で適用されるケースは自然災害によって被害を受けた場合です。
例えば、豪雨などによる被害で雨漏りがするようになったとか、台風や竜巻のような風によって屋根瓦が飛ばされたり屋根が破損したとか、
または大雪によって屋根が破損したというようなケースです。逆に火災保険が適用されないケースもあります。

それはまず、地震による被害の場合です。地震による火災で燃えてしまったという場合でも火災保険は適用されません。
こういう場合は地震保険が適用されます。他には、家の老朽化によって屋根に問題が発生した場合や、

人が屋根に上って破損させてしまったというような人的被害の場合も火災保険は適用されません。
このような屋根修理への火災保険の適用については一度専門家に相談してみるのがお勧めです。

amamori
世間ではあまり知られていないようなのですが、屋根修理はお金をかけないでできることが多いのです。
屋根修理というとそれなりに大がかりな工事のようなものがイメージされますが、それがお金をかけないでできるとはどういうことなのか、
もちろんタダということではありません。実は屋根修理には火災保険が適用されることが多いのです。

火災保険に加入していて屋根の被害がその保険の適用範囲に入っていればその保険を申請して
実質お金をかけずに屋根修理をすることができるというわけです。知られていないのは、
火災にもあっていないのに火災保険が適用されるということではないでしょうか。

火災による被害ではなくても、例えばがするとか屋根瓦が数枚飛んでしまったとか
雨や風で少々屋根が傷んでしまったとか、そうした被害でも火災保険は申請できます。

屋根の場合は小さな問題でも放置すると思わぬ事態になってしまうことがあります。
気が付いたら早めに火災保険を有効に活用して直しておきましょう。

taihuu
もうすぐ台風シーズンです。
台風シーズンでは特に瓦屋根だと強風で屋根にダメージが出ます。
屋根のダメージを直さずにいると、雨漏りや野地板の腐食を起こします。

そこで屋根にダメージがあると屋根修理の必要が出てきます。
実は災害の後の屋根のダメージは火災保険がおります。
とくに台風がよく通過する地域の人は知ってほしいことだと思います。

さて、火災保険で加入している保険会社に屋根のダメージを査定してもらった後、
屋根屋に屋根修理を依頼する段階に入ります。

ここで家の近くの複数の屋根屋を探し、見積もりを出してもらうのですが、
このときに屋根修理にかかる見積もりの基準を調べてほしいのです。

例えば1平方メートル当たりで瓦を取り除く、または設置する価格は何円なのかということです。
パソコンなのでこれらの項目を調べていけば屋根修理の相場というものが見えてきます。
その上で複数の屋根屋の見積もりを見て、決めていけば費用・品質の両面で満足のいく屋根修理が出来るでしょう。

totann
最近、服のちょっとしたほつれなどを自分で直す、家のちょっとしたキズを自分で直すといったDIYが流行しています。
そのなかで家の屋根修理も自分でやろうとする人が増えています。

ここで屋根の屋根材がトタン屋根である場合、屋根の傾斜が緩いことが多いです。
よってトタン屋根を長持ちさせるために必要なトタン屋根の定期的な塗装の塗り直しを自分ですることができます。

トタン屋根の塗装は、下地処理が一番大事です。
これから塗ろうと思う部分の、はがれかかっている部分や錆びの部分をブラシで取り除く作業です。
この下地処理を十分に行い、養生、充填・塗装を行うとプロと変わらない塗装が出来るのです。

トタン屋根の塗装作業はとにかく体力や集中力を使います。
いくら緩斜面での作業とはいえ、体力・集中力の低下は転落などの事故を招きます。
時間や体力、そして精神的なゆとりがあるときにこの作業を行ってほしいです。

また、定期的に自分で屋根に登っていれば、
トタン屋根自体のダメージに気付くことがあります。
小さいダメージならば自分で防水シートなどを貼るといった簡単な屋根修理ができるのです。

totan
トタン屋根は屋根材として軽く、維持費も安いというのが魅力です。
塗装されている部分がはがれると下の金属部分が錆びて劣化し、雨漏りの原因となりますが、
定期的に塗装を施してメンテナンスすれば長く使うこともできます。

さて、メンテナンスが十分でなくてトタン屋根から雨漏りが起きた場合、
普通は下葺きの部分や角材の部分が腐食していることが多いです。

よって屋根の下の部分が腐食していれば屋根修理としてトタン屋根を全面的に葺きかえることになります。
元々あったトタン屋根を全部剥がし、腐食している部分の修理を行います。

その後、フェルトという結露を防ぐ特殊な紙を新しく全面に貼りなおし、
運ばれてきた新しいトタン屋根を取り付けるのです。

ちなみに、トタン屋根には屋根の葺き方がたくさんあります。
屋根修理の際にトタン屋根の葺き方を変えてみると家全体のイメージが一変することになるのです。
トタン屋根の屋根修理を考えている人たちは屋根の葺き方を変えるというちょっとしたリフォームも考えてほしいと思います。

ashiba
住宅において、屋根の部分の役割は外で降る雨を防ぐことです。
しかし、屋根のデザインは住宅全体のデザインに大きく関わります。
よって家のデザインにこだわり過ぎて屋根がおかしなことになるということもあります。

日本での屋根の勾配は例えば下辺10寸に対し、立ちあがり3寸の直角三角形を考えたとき、
その斜辺を3寸勾配と表記します。
一般的な住宅では平均が5寸勾配で、3寸勾配から6寸勾配が良くみられる屋根です。

さてこの勾配より緩斜面であった場合、まず排水ができなくなります。
排水が出来たとしても雨が止んだ後水が長く滞留します。
そのことが雨漏りや、下葺きの腐敗につながり屋根修理の必要が出てくるのです。

しかし大きすぎる勾配も考えものです。
屋根修理の際、その屋根の勾配が高すぎると業者に工事が危険と判断され、
屋根修理のための足場を組むようになります。
そしてその足場を組んだ分の工事代も屋根修理の代金として上積みされるのです。