kawara
多くのお金をかけて購入した一軒家。
一軒家を買ったのならばその家を長い間良い状態に保ちたいものです。
ここで家屋全体の状態を決めるのはやはり屋根の部分だと思います。

屋根の部分は台風による強風や大雨、
他にも地域によっては積雪や霜によって瓦などが傷んできます。
そして傷みがひどくなると雨漏りなどを引き起こし家屋全体へのダメージへとつながるのです。

そこで日本瓦を屋根にしている人たちにはあることをチェックしてほしいです。
そのチェックしてほしいことは「瓦の並び方」です。

台風などの災害がで強風が吹いた後の日とかに瓦の位置がずれていないかチェックするのです。
瓦の並びがずれていたら、屋根修理の業者にずれを直すように依頼するのです。

また自分で屋根修理ができるような屋根ならば、自分で瓦の位置を直すことができるでしょう。
瓦の位置を直すだけで雨漏りの要因の大部分を防ぐことが出来ます。
常日頃から屋根の状態をチェックして自分の一軒家で長く快適に過ごしてほしいと思います。

mitumori
台風などの災害で屋根が傷んだら、屋根を修理する必要があります。
しかし、屋根の修理の料金がどれくらいかかるのか、良く分からないのではないでしょうか。

ここでは、屋根修理・屋根のリフォームで、工事をする業者が見積もりを出す時、
見積もりの基準となることについて書いていきます。

まずは屋根の種類です。
伝統的な日本瓦、コロニアル屋根、トタン屋根に金属瓦といった種類があります。

次に「屋根の形」です。
例えば「切妻屋根」や「片流れ屋根」だと標準の価格となりますが、
「寄棟屋根」「方形屋根」「入母屋屋根」だと料金が上積みされることがあります。

また、他にも家が三階建てであることや、屋根の勾配が急であることのように工事が難しい屋根である、
アンテナやソーラーパネルが屋根についている場合などにも別途の料金がかかることがあります。

このように屋根の修理やリフォームには様々な条件から工事の料金が決まります。
屋根修理を行う場合にはこのようなことを考慮して、
出来れば複数の屋根修理の業者から見積もりを出してほしいと思います。

sagi
「火災保険」という名前からか、この保険は火災の時のみ補償されていると勘違いしている人が多いです。
実は火災保険は、大雨や暴風、そして雹や大雪や雪崩による家の被害も補償していることが多いです。
この文章を見ている人はこの後火災保険の細かい内容を読んでほしいです。

さて、ここで書いた内容から、例えば台風がやって来た後に家の屋根の部分が破損していたら、
その破損した部分も火災保険を使って修理が出来るということです。

ここで屋根修理についてパソコンで調べてみると火災保険を使った「無料屋根修理業者」というサイトが出てきます。
破損した屋根の調査から保険会社への申請、そして屋根屋への修理の依頼から工事まで一括してサポートするとうたっています。

たしかにこの業者に頼めば自分からは一銭も持ち出すことはなく、屋根修理が出来ます。
しかしこの手の業者は、例として屋根の損害にたいして150万円の補償額がおりたとして、
修理代100万円を屋根屋に払い、「手数料」として30万とか40万円とかを自分たちのものとする契約を相手に結ばせます。

そして残った10万円も、「他部分の修理にまわしましょう」と言って修理させることもあります。
つまり、この手の業者にひっかかると、1円も使うこともないが、補償金も1円も残らないのです。

そもそも保険会社からおりた補償金をどのように使うのかは家主自身が決めることです。
屋根修理の見積もりは数社から出してもらうなど、保険金を「スマートに」使いたいものです。

ame
最近では特に夏の集中豪雨によるの被害のニュースが増えています。
また、夏から秋にかけて台風が年に数回もやってくるような地域に住んでいる方は、
大雨や強風による自分の一軒家のダメージが気になる所です。

さて、一軒家のダメージで一番気になる所と言えば屋根のダメージだと思います。
一軒家の瓦や雨どいなどにダメージが残ると、結果的に大雨の時の雨漏りへとつながってしまいます。

しかし、屋根の部分という高い場所の修理なんて素人には危険です。
また屋根修理を業者に頼むとなると10万、または100万単位のお金がかかります。

そこで「火災保険」の出番となるわけです。
実は火災保険は、大雨や暴風による「風災」や、雹による「雹災」、
そして豪雪や雪崩による「雪災」での家屋の被害を補償してくれることが多いです。

よってもし火災保険に入っている方ならば、台風の後に屋根の部分がおかしいと思ったとき、
火災保険を扱っている保険会社に申請を行うのです。

そしてその申請が通って保険金がおりたら、その保険金を元手にして業者に依頼し、
屋根修理をしてもらえば良いのです。