syuuri
“我が家は二階建ての木造家屋で屋根は瓦屋根です。築年数はそれほど立っていないのですが、
つい先日の台風で部分的に瓦がずれてしまったようでした。幸い雨漏りはしていませんでしたが、
見た目にもずれている部分がわかりました。被害が大きくなる前にと思い屋根修理をお願いすることにしました。

修理業者には全く心当たりがないのでインターネットで屋根修理を検索してみたところ、
たくさんヒットしたのが屋根修理の費用に火災保険が適用できるという話。

火災保険というのはもちろん火災で受けた被害に対して支払われる保険ですが、
火災だけではなくこうした台風や豪雨のような自然災害による被害に対しても支払われるのだそうです。
インターネットで探した業者に何件か問い合わせて屋根修理の見積もりをしてもらうと、

やっぱり屋根だけに修理代金もそんなに安くはありません。これが保険でまかなえるならと、
火災保険の申請などもまとめて請け負ってくれる業者を選んで依頼しました。
屋根修理も1日で終わり、保険も無事におりて一安心。あの業者が見つけられてよかったです。”

kawara
“日本の家屋の屋根にはいくつかの種類が考えられます。代表的なものは瓦屋根でしょう。
瓦は耐久性に優れていて、素材にもよりますが特に粘土を焼いて作られたものは半永久的に利用することができます。
火にも強く防水性もあり、さらに防音性にも優れています。ただ瓦は重さがあるため建物に負担がかかり、

衝撃によって割れてしまう可能性があることが難点です。他の屋根材に比べると高価なため最近では瓦屋根はあまり多くはありません。
瓦屋根以外では医師が原料のスレート屋根、トタン屋根などに代表される金属屋根などが考えられます。
スレート屋根は軽くて施工がしやすく、コストも抑えられますが耐久性は弱くなります。

金属屋根は防水性に優れ火にも強い特徴がありますが、遮音性や耐熱性にはあまり優れていません。
このように、屋根と言っても種類もいろいろで修理となれば専門家のアドバイスは欠かせません。

屋根修理には火災保険が適用になるケースも多いのです。そのあたりも含めて
屋根修理をサポートしてくれる専門的な業者に相談し、必要な時には早めに修理するのが良いでしょう。”