taihuu
もうすぐ台風シーズンです。
台風シーズンでは特に瓦屋根だと強風で屋根にダメージが出ます。
屋根のダメージを直さずにいると、雨漏りや野地板の腐食を起こします。

そこで屋根にダメージがあると屋根修理の必要が出てきます。
実は災害の後の屋根のダメージは火災保険がおります。
とくに台風がよく通過する地域の人は知ってほしいことだと思います。

さて、火災保険で加入している保険会社に屋根のダメージを査定してもらった後、
屋根屋に屋根修理を依頼する段階に入ります。

ここで家の近くの複数の屋根屋を探し、見積もりを出してもらうのですが、
このときに屋根修理にかかる見積もりの基準を調べてほしいのです。

例えば1平方メートル当たりで瓦を取り除く、または設置する価格は何円なのかということです。
パソコンなのでこれらの項目を調べていけば屋根修理の相場というものが見えてきます。
その上で複数の屋根屋の見積もりを見て、決めていけば費用・品質の両面で満足のいく屋根修理が出来るでしょう。

totann
最近、服のちょっとしたほつれなどを自分で直す、家のちょっとしたキズを自分で直すといったDIYが流行しています。
そのなかで家の屋根修理も自分でやろうとする人が増えています。

ここで屋根の屋根材がトタン屋根である場合、屋根の傾斜が緩いことが多いです。
よってトタン屋根を長持ちさせるために必要なトタン屋根の定期的な塗装の塗り直しを自分ですることができます。

トタン屋根の塗装は、下地処理が一番大事です。
これから塗ろうと思う部分の、はがれかかっている部分や錆びの部分をブラシで取り除く作業です。
この下地処理を十分に行い、養生、充填・塗装を行うとプロと変わらない塗装が出来るのです。

トタン屋根の塗装作業はとにかく体力や集中力を使います。
いくら緩斜面での作業とはいえ、体力・集中力の低下は転落などの事故を招きます。
時間や体力、そして精神的なゆとりがあるときにこの作業を行ってほしいです。

また、定期的に自分で屋根に登っていれば、
トタン屋根自体のダメージに気付くことがあります。
小さいダメージならば自分で防水シートなどを貼るといった簡単な屋根修理ができるのです。

totan
トタン屋根は屋根材として軽く、維持費も安いというのが魅力です。
塗装されている部分がはがれると下の金属部分が錆びて劣化し、雨漏りの原因となりますが、
定期的に塗装を施してメンテナンスすれば長く使うこともできます。

さて、メンテナンスが十分でなくてトタン屋根から雨漏りが起きた場合、
普通は下葺きの部分や角材の部分が腐食していることが多いです。

よって屋根の下の部分が腐食していれば屋根修理としてトタン屋根を全面的に葺きかえることになります。
元々あったトタン屋根を全部剥がし、腐食している部分の修理を行います。

その後、フェルトという結露を防ぐ特殊な紙を新しく全面に貼りなおし、
運ばれてきた新しいトタン屋根を取り付けるのです。

ちなみに、トタン屋根には屋根の葺き方がたくさんあります。
屋根修理の際にトタン屋根の葺き方を変えてみると家全体のイメージが一変することになるのです。
トタン屋根の屋根修理を考えている人たちは屋根の葺き方を変えるというちょっとしたリフォームも考えてほしいと思います。

ashiba
住宅において、屋根の部分の役割は外で降る雨を防ぐことです。
しかし、屋根のデザインは住宅全体のデザインに大きく関わります。
よって家のデザインにこだわり過ぎて屋根がおかしなことになるということもあります。

日本での屋根の勾配は例えば下辺10寸に対し、立ちあがり3寸の直角三角形を考えたとき、
その斜辺を3寸勾配と表記します。
一般的な住宅では平均が5寸勾配で、3寸勾配から6寸勾配が良くみられる屋根です。

さてこの勾配より緩斜面であった場合、まず排水ができなくなります。
排水が出来たとしても雨が止んだ後水が長く滞留します。
そのことが雨漏りや、下葺きの腐敗につながり屋根修理の必要が出てくるのです。

しかし大きすぎる勾配も考えものです。
屋根修理の際、その屋根の勾配が高すぎると業者に工事が危険と判断され、
屋根修理のための足場を組むようになります。
そしてその足場を組んだ分の工事代も屋根修理の代金として上積みされるのです。

syaon
台風などで少し一軒家の屋根にダメージがあったならば、
屋根修理を屋根屋の人に依頼すると思います。

このときよく業者から「お宅の屋根材は○○で~という点で不利なので△△にしませんか」という話を振られます。
ここではこのような話しについて話そうと思います。

といっても「~という屋根材にするべきだ」とか「~という屋根材はダメだ」という話はしません。
ここでは屋根の葺き替え工事を決断するための判断材料について話します。

まずは「耐震性」です。
重たい屋根材ほど家に荷重がかかるので耐震性は低く、
軽い屋根材ほど家に荷重がかからないので耐震性は高いです。

次に「遮音性」です。もっと具体的に言うと「大雨の時の雨の音が家に響かないか」ということです。
この遮音性は重い屋根材ほど高く、軽い屋根ほど低いです。

ここまで書いたように、屋根材にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
そしてどの屋根材を選ぶかは結局それぞれの人の住む地域や、生活のスタイルによるのです。
その屋根材の耐用年数とあわせて、屋根修理の際は慎重に考えて決断してほしいです。

20nen
私は現在、住んでいる町にある1軒のアパートを経営しています。
少し前に築20年を超えたそのアパートの屋根修理を行いました。

その屋根修理の費用も業者に払ったのですが、
このアパートについてこれほど大掛かりな修理は初めてで、
どのように経理処理をすればいいのか分かりませんでした。

ということで今日、私の税金についてお世話になっている税理士さんの所へ相談に行きました。
相談した結果、今回のような屋根修理の場合は、
アパートの建物自体の価値を上げたものとする「資本的支出」として処理するようです。

つまり今までのように部屋の定期的な修繕での「修繕費」としては扱いませんし、
資産の価値が上がった分も決められた「耐用年数」から1年ごとに資産償却をする必要があります。

今日ちゃんと相談出来て本当に良かったです。
分かっていなかったら年度末の確定申告が面倒なことになることは確実でしたから。
これからも経理について分からない事があったならすぐ相談して確実に申告していきたいです。

kawara
多くのお金をかけて購入した一軒家。
一軒家を買ったのならばその家を長い間良い状態に保ちたいものです。
ここで家屋全体の状態を決めるのはやはり屋根の部分だと思います。

屋根の部分は台風による強風や大雨、
他にも地域によっては積雪や霜によって瓦などが傷んできます。
そして傷みがひどくなると雨漏りなどを引き起こし家屋全体へのダメージへとつながるのです。

そこで日本瓦を屋根にしている人たちにはあることをチェックしてほしいです。
そのチェックしてほしいことは「瓦の並び方」です。

台風などの災害がで強風が吹いた後の日とかに瓦の位置がずれていないかチェックするのです。
瓦の並びがずれていたら、屋根修理の業者にずれを直すように依頼するのです。

また自分で屋根修理ができるような屋根ならば、自分で瓦の位置を直すことができるでしょう。
瓦の位置を直すだけで雨漏りの要因の大部分を防ぐことが出来ます。
常日頃から屋根の状態をチェックして自分の一軒家で長く快適に過ごしてほしいと思います。

mitumori
台風などの災害で屋根が傷んだら、屋根を修理する必要があります。
しかし、屋根の修理の料金がどれくらいかかるのか、良く分からないのではないでしょうか。

ここでは、屋根修理・屋根のリフォームで、工事をする業者が見積もりを出す時、
見積もりの基準となることについて書いていきます。

まずは屋根の種類です。
伝統的な日本瓦、コロニアル屋根、トタン屋根に金属瓦といった種類があります。

次に「屋根の形」です。
例えば「切妻屋根」や「片流れ屋根」だと標準の価格となりますが、
「寄棟屋根」「方形屋根」「入母屋屋根」だと料金が上積みされることがあります。

また、他にも家が三階建てであることや、屋根の勾配が急であることのように工事が難しい屋根である、
アンテナやソーラーパネルが屋根についている場合などにも別途の料金がかかることがあります。

このように屋根の修理やリフォームには様々な条件から工事の料金が決まります。
屋根修理を行う場合にはこのようなことを考慮して、
出来れば複数の屋根修理の業者から見積もりを出してほしいと思います。

sagi
「火災保険」という名前からか、この保険は火災の時のみ補償されていると勘違いしている人が多いです。
実は火災保険は、大雨や暴風、そして雹や大雪や雪崩による家の被害も補償していることが多いです。
この文章を見ている人はこの後火災保険の細かい内容を読んでほしいです。

さて、ここで書いた内容から、例えば台風がやって来た後に家の屋根の部分が破損していたら、
その破損した部分も火災保険を使って修理が出来るということです。

ここで屋根修理についてパソコンで調べてみると火災保険を使った「無料屋根修理業者」というサイトが出てきます。
破損した屋根の調査から保険会社への申請、そして屋根屋への修理の依頼から工事まで一括してサポートするとうたっています。

たしかにこの業者に頼めば自分からは一銭も持ち出すことはなく、屋根修理が出来ます。
しかしこの手の業者は、例として屋根の損害にたいして150万円の補償額がおりたとして、
修理代100万円を屋根屋に払い、「手数料」として30万とか40万円とかを自分たちのものとする契約を相手に結ばせます。

そして残った10万円も、「他部分の修理にまわしましょう」と言って修理させることもあります。
つまり、この手の業者にひっかかると、1円も使うこともないが、補償金も1円も残らないのです。

そもそも保険会社からおりた補償金をどのように使うのかは家主自身が決めることです。
屋根修理の見積もりは数社から出してもらうなど、保険金を「スマートに」使いたいものです。

ame
最近では特に夏の集中豪雨によるの被害のニュースが増えています。
また、夏から秋にかけて台風が年に数回もやってくるような地域に住んでいる方は、
大雨や強風による自分の一軒家のダメージが気になる所です。

さて、一軒家のダメージで一番気になる所と言えば屋根のダメージだと思います。
一軒家の瓦や雨どいなどにダメージが残ると、結果的に大雨の時の雨漏りへとつながってしまいます。

しかし、屋根の部分という高い場所の修理なんて素人には危険です。
また屋根修理を業者に頼むとなると10万、または100万単位のお金がかかります。

そこで「火災保険」の出番となるわけです。
実は火災保険は、大雨や暴風による「風災」や、雹による「雹災」、
そして豪雪や雪崩による「雪災」での家屋の被害を補償してくれることが多いです。

よってもし火災保険に入っている方ならば、台風の後に屋根の部分がおかしいと思ったとき、
火災保険を扱っている保険会社に申請を行うのです。

そしてその申請が通って保険金がおりたら、その保険金を元手にして業者に依頼し、
屋根修理をしてもらえば良いのです。