瓦屋根の特徴とその修理

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 瓦屋根の特徴とその修理
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
瓦屋根の特徴とその修理屋根修理あれこれ

kawara "建物の屋根にはいろいろな種類がありますが、日本の家の代表的な屋根と言えばやはり瓦屋根でしょうか。
瓦は粘土を瓦型に成形して高温で焼きあげられています。>は耐久性に優れています。
防水性、耐火性、遮音性などいろいろな面で優れた屋根材だと言えます。

ただ、重さがあるので建物に負担がかかるという点はあります。さらに他の屋根材を使うのと比べると値段は高くなります。
瓦は耐久性が非常に良いのでちょくちょく屋根修理をしたりメンテナンスが必要になったりということはないでしょう。
しかし、台風など強い風を伴う天候などによっては瓦がずれてしまうということは考えられます。

その場合雨漏りの原因になりかねませんし、放っておけばずれが激しくなって被害が拡大することになりますので、
気づいたときは早めに修理を依頼するのが良いでしょう。このような自然災害による被害には

家屋の火災保険が適用される可能性が高いです。そういった保険の話にも明るい業者を探して依頼すれば
費用をかけることなく屋根修理ができるかもしれません。”

Comments

Comments are closed.